1000W/1500W/2000W 直流電子負荷装置

 

 大きな負荷を安全に試験するために 使う機能を 見やすく、分かり易く、覚えやすく

 


 

 

 

 1000W 240V 75A

 

     モデル3752A 直流電子負荷

 

 

 1500W 240V 100A

 

     モデル3750A 直流電子負荷

 

 

 2000W 240V 150A

 

     モデル3751A 直流電子負荷

 

 

 

 

 

 


 

特徴

 

 375XA直流電子負荷装置は従来の小型負荷装置で得た実績から、大容量可変負荷としての機能に加え、

 

 「より使いやすく」することで生産性を高めることを主眼に開発されました。また従来のコンセプト

 

 通り、基本機能を守りコストとのバランスを取っています。

 


 ◯ 設定を簡単に使える 使い方を覚えやすく

 

   負荷の変動を本体で短時間に設定を行えるよう高解像度のTFTカラー液晶を採用、広い画面を生かし

 

   設定を見て分かりやすく行えるようにしています。

 

   持てる機能をできる限り覚えやすく必要な試験に実際に使えるようにしています。

 


 ◯ 大容量でも素早い応答能力

 

   1000W 7.5A/μS、1500W 10A/μs、2000W、15A/μsの応答性能を持ちます。

 

 

 

 

機能の改良


  操作性の大幅な改善、そこに従来の過渡機能、リスト作成機能、登録されたリスト同士
を紐つけする

 

  チェーン機能など、定番の機能に以下の改良された機能が加わりました。

 

  ★ 定電流、定抵抗、定電力モードの自動定電圧切り替え機能

 


+CVモード

 

  定電流、定抵抗、定電力モードに「定電圧モード」を組み合わせることで電圧の上限を制限すること

 

  ができます。

 

  二次電池は電源出力が刻々と変化します。定電流、定抵抗、定電力が維持できない領域では自動的に

 

  定電圧動作に切り替え、供給性能の評価を二つの操作、電圧値入力を行うことで簡単・短時間に

 

  設定・試験が行えます。

 

 

 

 

外部との接続

 

 ・インターフェースはUSB Type B、DSUB9シリアルポートを標準で持ちます。

 

 ・オプションでGPIBカードをつけることができます。

 

 ・外部制御用にSCPI言語を採用しています。ラボビューによる試験ソフトウエア開発、あるい

 

  ソフトウエアを作成、制御することができます。

 

 

 

 

パッケージ製品 電池スタンドへの採用

 

 ・充電・放電・直流抵抗測定装置 電池スタンドと組み合わせ、大容量二次電池に対応しています。

 

  この場合、ご希望に合わせ容量を選びシステムが組まれます。

 

 

 資料・関連情報

 

 

 価格表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


画面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正面

 

  375XAシリーズは本体正面ですべての操作が行え、また機能も操作パネルを見ることで何を行えるかがわかりやすく設計されています。

 

 

 

    1.冷却空気取り入れ口 

 

      空冷式で、負荷の動作状態に応じてファンの風量を自動調整します。

 

 

    2.液晶画面 

 

      設定から測定まで、広く視認性の良いカラーTFT液晶を採用することで文字をはっきりくっきり表示

 

 

    3.ファンクションキー、負荷モード切り替えキー

 

      ファンクションキーは画面により機能が変わります。負荷モードキーは負荷のモードをワンプッシュで切り替えます。

 

 

    4.電源ON/OFFスイッチ

 

 

    5.ハンドル

 

      ラックに取り付ける際、運搬時に手の負担を抑える幅広なハンドルを採用

 

 

    6.テンキー、保存、呼び出しキー

 

      数値設定ではダイレクトに行えるテンキーが正確で確かな数値入力方法です。

 

 

    7.十字キー、Enterキー

 

      大きく独立した十字配置の方向キー、数値確定、設定確定は唯一の丸い形のスイッチとし、他のキーと区別しています。

 

 

    8.ロータリーセレクター

 

      ロータリーエンコーダーにより負荷の微妙な調整をアナログ感覚で行えます。誤操作防止として使用有無の選択ができます。

 

 

    9.電流モニター(BNC)

 

      現在の負荷装置に流れる電流をお手持ちのオシロスコープ等でモニターできます。信号レベルは36mV/Aです。

 

 

    10.トリガー入力

 

      外部からのダウントリガー信号で過渡応答試験を制御。またトグルモードにすることで、負荷の開始と終了制御もトリガー信号

 

      で簡単に行えます。

 

 

    11.負荷への入力ON、OFFスイッチ

 

      カラー照明を内蔵し、停止中はオレンジ色、作動中は緑色に点灯することで、離れた場所でも負荷装置が動いているかすぐに

 

      わかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背面

 

  大きく頑丈なバスバー式入力端子は二次電池・電源類の接続端子の他に、遠隔電圧検知端子(M4)、計測用に使用できる

 

  接続端子(M4)を用意しています。

 

  通信ポートは左側に配置しています。電源ポートは100Vから240Vまで対応、入力の切り替えはヒューズケースと連動することで

 

  供給電圧に合わせるようにすることで、ヒューズの交換に気づくようにしています(GPIBはオプションです)。

 

  ヒューズ定格: 100V入力 1A

          200V入力 0.5A 管長 20mm 普通溶断型

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寸法図

 

 

 

 

△ TOP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕様

△ TOP

 

 

 

 

 

△ TOP

 

 

 

 

 

 

 

 

△ TOP