トランスミッター内蔵センサーシリーズ

 


 

ビジファーム DO ECS

光学式溶存酸素測定センサー

 

 

 

 

使用領域:

 

  発酵プロセス、酵素・ワクチン等製造設備、飲料、食品

 

  CIP:対応 SIP:対応 オートクレーブ:対応

 

 


特徴:

 


LED の光とそれを吸収、発光する蛍光体を用い、蛍光体が発する光が酸素に吸収される原理を用いて酸素濃度を4ppbから25ppmの範囲で

 

測定します。


蛍光体はキャップデザインを採用。交換は簡単確実に行えます。

 

校正はキャップ劣化を監視することで適切な時期に交換が行えます。作業は20分程度で完了します。

 

従来のクラークセルのような電解液を持ちません。

 

測定において流速、圧力の影響がありません。このため撹拌による測定値の不安定化が無く、タンクの底など設置場所による溶存酸素の

 

状態を測定できます。


センサーによる酸素の自己消費がないため、低濃度時あるいは静止液の溶存酸素を正確に測定できます。

 

センサー長は120mm、160mm、215mm、325mm、425mm から選択できます。

 

 

 

 

 

モデル名称、電極長、型式(P/N)

 

センサー長

P/N

120mm

243666-211

160mm

243666-221

215mm

243666-231

325mm

243666-241

425mm

243666-251

 

 

 


消耗品

 

 標準シリコンベース蛍光膜交換キャップ

 

 蛍光膜交換キャップはこちら

 

 

 

 

 

リンク

 

    センサーホルダー

 

    アクセサリー

 

 

 

資料

 

   データシート

 

   DO計キャップ交換手順書(PDFファイル)

 

  ハミルトンDOセンサーの校正手順書

 

 

 

△ TOP


 

仕様

 

センシング部、演算機能、寿命診断機能、エラー診断機能、インターフェース を本体にすべて収納

 

使用温度範囲:

 

-10°C~+140°C

85°Cを超えた場合はその直前の測定値で出力保持をします。

温度がDO測定温度範囲に戻りますと自動的にDO測定を再開します。

 

プロセス圧力:

 

-0.1~1.2MPa

 

測定範囲:

 

4ppb~25ppm 分解能:0.1ppb (0~62.85%-vol , 0~300%-sat)


測定単位:

 

% 酸素/空気 飽和濃度 (%-sat.)、%体積比酸素濃度 (%-vol.)、mg/L (ppm)、μg/L (ppb)

 

精度:

 

1±0.05%-vol , 21±0.2%-vol , 50±0.5%-vol(25℃)

 

応答時間:

 

大気から無酸素状態へ:30 秒以内98%応答(25℃)

 

測定限界値:

 

0.01%-vol.

 

測定誤差:

 

1%/週以下 (温度一定のとき)

 

電気的接続:

 

VP8.0ソケットヘッド

 

動作電源電圧:

 

7~30VDC 最大1000mW

 

連続消費電力:

 

0.6W 起動時消費電力:1W

 

アナログ出力:

 

4-20mA(測定値)

*非絶縁、PWM 3.5kHz出力

PCを用いて任意のレンジを設定できます。

 

デジタル

インターフェース:

 

ModbusRTUプロトコル

2 線式 RS-485

 

洗浄滅菌性能:

 

CIP、SIP、オートクレーブに対応

 

測定原理:

 

光学式

 

流量規定:

 

無し

また本センサーは原理上、酸素の消費をしません。

 

接液部:

 

SUS316L(DIN1.4435)、EPDM(FDA)、シリコン(FDA)

 

出荷時状態:

 

校正済みです。取り付けと同時に測定可能

 

形状及び

取り付け形状:

 

シャフトの直径 12mm、取り付けネジ PG13.5

シャフト長さ: 120mm、160mm、215mm、325mm、425mm

 

保守部品:

 

蛍光膜交換キャップ

 

保管温度:

 

-10°C~+50°C

 

薬品の耐性

 

CO2、H2S、SO2、酸化エチレン、ガンマ殺菌はアーク測定システ ムに影響を与えません。

エタノール、メタノール、H2O2 による損傷はありません。

注意:塩素ガス、有機系溶剤はセンサーを傷めます。使用しないで下さい。

 

 

 

寸法

 

v2

 

△ TOP